So-net無料ブログ作成

VAIO Type F 分解掃除 [PC関連]

家に3台あるVAIOのうち、嫁さんのマシンでもあり唯一プリンターに接続されているマシンでもあり、唯一のXPマシンでもあるType F が、最近すぐにファンの回転数が最大になり、動作もモッサリするようになった。

これまでもHDDを7200回転のものに換装したりしたのだが、換装してしばらくは今のような症状は出なかったので、それが直接の原因ではなさそうだ。
HDDを換装した時の様子はこちら。
http://takkunn-s.blog.so-net.ne.jp/2006-12-31

で、思い当たったのは、単にファンに埃がたまっているのではないか、ということ。
ファンを掃除するためには基盤が見えるまで分解する必要があるので、十分に下調べをしてから実施。

DSC05208.JPG

写真の右下がHDD、真ん中のヒートシンクがグラフィックボード、その左がCPUで左上が廃熱ファンだ。

あらためて、このType F はバラしやすい構造だな~と思う。
しかも、ちょっとした発見はCPUがマザーボードへの直付けではなく、スロット式だったということ。
スロット付きということは、やろうと思えばCPU換装もできるということだ。
ちなみにこのType FのチップセットはIntel 915GM Express で、今のCPUはIntel Pentium M740(1.73GHz)なのだが、理論的には同じFSB533MhzのPentiumM770(2.13GHz)までは問題ないはず。
マニアックな言い方をすると、インテルの開発コードとしてはPentium Mの第二世代であるDothanであり、製造プロセスは90nmである。
Pentium Mはそれまでのクロック周波数至上主義から、処理効率重視への転換を図った当時としては画期的なCPUであり、その後IntelはCoreシリーズ、Core2シリーズを通してその流れを加速させていくこととなる。
危ない危ない、ちょっと話がヲタクになりかけるところだった。ふぅー。

このType Fの型番はVGN-FS90PS なのだが、わかる人にはわかる、言わずと知れたソニースタイル別注モデル。
この頃からCPUやHDDを選択して注文できたわけだが、その多様性に対応するためにCPUがスロット化されたのかもしれない。
MicrosoftによるWindows XPの延長サポートも決まったことだし、日本に帰る頃までまだこのマシンが現役であれば、HDDのかわりにフラッシュメモリーを搭載して、CPUも換装して(これはちょっと入手が無理かも)、サーバーにでもしようかな。
ちなみに、Type Sだけれども、VAIOの改造はこのページが結構面白い。
http://kunkoku.com/new/datahtml/salegoods/vaionote/sz.html

肝心の掃除はというと、慎重に麺棒でファンの埃を取った後、ファンを抑えて(回らないようにして)掃除機で細かい埃を吸い出した。
その後分解の手順と逆に組み立て。

そうそう、こういう組み立てについては、あらかじめ背面をデジカメで撮ってそれをプリントアウトし、その上に外したネジを置いて行くのが一番オススメです。

DSC05212.JPG

皆さんも、ノートPCを分解する際には、是非(って誰がするねん)。

やっぱり埃が原因だったようで、その後のType Fはいたって快調。
ファンが最大回転数になることもないし、廃熱効率が上がったのでCPU処理速度が落ちることもなく操作性も向上した。

内部の最適化(デフラグなど)を精神面、外部の掃除を肉体面とたとえるなら、PCも人間も心身共にたまにリフレッシュすることが必要なのだ。

ということで、次回は昨日家族でリフレッシュしに行ってきたディズニーランド パリの模様をお伝えします。
乞うご期待!

nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 5

kojima

SONY VAIO の解体レポートありがとうございました。 大変参考になりました。 私のVAIO TYPE-F は、 CeleronM 1.3GHzでしたが、今回PentiumM 1.7GHzにアップグレードに成功しました。 現在OSはXPが載っていますが、サポートが切れるまで使い続けるつもりです。
by kojima (2010-04-20 21:22) 

TAKKUNN_S

CeleronMからPentiumMだと大幅なパワーアップですね。この当時のノートパソコンはHDDの回転数が体感速度に一番響きますので、さらにSSDに換装など出来ればまだしばらく現役で行けるのではないでしょうか。とにかくこんなヲタクなレポートが少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
by TAKKUNN_S (2010-04-24 07:40) 

coach outlet sale

経歴だけを数え切れないほど困惑と磨きの青春の火種が生きていてこそ燃えていた。
by coach outlet sale (2011-01-06 19:21) 

とびりし

CPU換装のため、ちょっと前からレポートを拝見し、参考にさせていただいておりました。ありがとうございます。最近T7600の流通量と価格がぼちぼちこなれてきたため、換装を実行に移せました。(T5600からの換装) わたしのTYPE-FはVGN-FE91PSなのですが、手順や中身はほぼ同じでした。VGN-FE系で選択できるCPUはT7400が最上位でしたが、T7600でも認識してちゃんと稼動できています。レポートを参考にさせていただき、排熱系パーツの掃除も一緒にできたのでよかったです。HDDも換装しているので末長く?使っていきたいと思っています。
by とびりし (2011-07-10 23:46) 

TAKKUNN_S

こんなレポートがお役に立てたとはうれしい限りです。
我が家のVGN-FS90PSはディスプレイのバックライトが切れてしまい、外付けモニタで使用しています。
CPU換装は考えたことがなかったですが、価格がこなれているとなると検討しても良いですね。
ただ最近はエントリーモデルのVAIO(CシリーズやEシリーズ)が数年前には考えられなかった価格性能比になっているので、イマイチ踏ん切りがつきません。
とはいえ、愛着のある物は出来る限り長く使いたいですね!見習わせて頂きます。
by TAKKUNN_S (2011-07-11 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

free counters

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。