So-net無料ブログ作成
検索選択

2014表彰旅行@Paris その3 [仕事]

2014年表彰旅行、4日目はフランス本社およびパリ郊外にある現地法人とのビジネスセッション
丸一日セッションがぎっちりな日程を過ごしたが、結果としては大成功だったように思う。

欧州で進む保険業界の消費者保護規制のトレンドを先取りする形で学ぶことが出来、結果としてその後様々に闊達に意見交換が出来たのは、日本の業界の未来像を占っていく上で非常に重要なセッションだったように思う。

そして25日(水)は、うちのグループ本社@パリでの晩餐会。
あまり知られていないかも入れないが、このパリ本社の建物でのディナーが、いつ来てもまあ素晴らしいこと。

今回も特に前菜のラングスティーヌ(和名:アカザエビ)のサラダが特に強烈に印象に残った。

DSC01168.JPG

DSC01171.JPG

DSC01174.JPG

大満足のビジネス&舌鼓の四日目を終え、今回のフランス表彰旅行のクライマックスとも言える、ボルドーへの一泊二日の旅を残すのみとなったのだが・・・ここで実にフランスらしいトラブルが発生。
それは、ストライキ。

今回は空港の管制塔の職員のストライキだとのことで、ボルドーへの便が大幅に間引きされることとなった。

大切なお客様との旅にリスクを取るわけにも行かないため、前日の朝の時点で苦肉の先でTGVの予約を並行して実施。
結果的ボルドーへはこのTGVで向かうこととなったのだが、後日流石(?)フランスとうなってしまったのは、今回のストライキへの補償制度について。

DSC01180.JPG

写真ホテルが急遽用意してくれた朝ご飯ボックス
まあ、無理に用意してくれたものに文句は禁句・・・だけど、ねえ?

DSC01189.JPG

今回のストライキはエールフランスとしては、自社の社員ではない人達(=管制塔職員)のストライキだとして、キャンセル料金は支払わない方針だとのこと。
いやはや、なんというか、まあ、凄いね。

さて、ボルドーへ向かった一向に立ちはだかったのは、またしてもフランス文化の壁。
なんと、モンパルナス駅を出発したTGVの車両が、パリ出発後15分ほど走ってから車両故障(確か4号車)のため、1時間立ち往生したあげく、車両交換のためパリに引き返すこととなったのだ。

これには寛容な参加者のVIPなお客様がたも、さすがに閉口。

かくして約5時間近くをかけて、やっとボルドーに到着したのであった・・・つづく。

2014表彰旅行@Paris その2 [仕事]

到着して3日目は、ランス(Reims)への日帰りの旅。
ランスは、フランス北部シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏マルヌ県の郡及びで人口約20万のシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏最大の都市である。

シャンパンの産地として世界的に有名だが、フランス国王の戴冠式が行われたノートルダム大聖堂が所在する街としても有名。

ちなみに今回の表彰旅行では、フランス文化に触れるという目的で、シャンパンの聖地であるランスと、ワインの聖地(の一つ)であるボルドー(Bordeaux)を巡るツアーを企画した。

向かった先は、4,000以上あるシャンパンメゾンの中で、1729年創業の最古のメゾンであるルイナール(Ruinart)。

DSC00918.JPG

ベネディクト派修道会の僧侶だったドン・ティエリー・ルイナールが創業し、その甥であるニコラ・ルイナールにより事業として立ち上げられた・・・らしい。

説明を担当してくれたソフィー譲の美貌とホスピタリティーに全員がほんわかしつつ、シャンパンの醸造倉を巡る。
以前も別のメゾンのテタンジェ(Taittinger)に訪問したことがあるが、いつ見てもシャンパンの醸造過程の手間の掛かりようには圧倒させられる。

昔の石灰岩の採石場跡の地下トンネルを利用して、高湿度と一定温度を保ちながら数万本のシャンパンボトルが寝かされている。

DSC00924.JPG

DSC00934.JPG

ちなみにRuinartでは、通常キュベで最低2年半、ミレジムという特別に良かった年のボトルで確か最低5年?(うろ覚え)、トップキュベであるDon Ruinartではなんと9年も寝かした上で出荷するらしい。

地下に下がれば下がるほど気温も下がる貯蔵庫から生還した後は、お楽しみの試飲会。
試飲したのはトップキュベのDon Ruinartのブランドブランとロゼ。
それぞれ小売価格220ユーロと250ユーロという、個人では間違いなく買えない無い逸品。

DSC00975.JPG

DSC00985.JPG

いや、どちらもスッキリしながら複雑な余韻があって素晴らしい。
個人的にはブランドブランのほうが好きだったな。
ワインでロゼというと、カジュアルで低価格品というイメージだが、シャンパンはロゼのほうが高価格というのは初めて知った。
理由を聞くと、ロゼワインを作る際には醸造前の果汁段階で白と赤を混ぜてしまうが、シャンパンの場合はそれぞれ醸造してワインにしてから混ぜるため、非常に手間が掛かるらしい。

既に午前中からほろ酔いになった後は、ランス市内のオープンテラスのあるレストランで昼食。

DSC01003.JPG

DSC01016.JPG

前菜はエスカルゴに(これが絶品だった)・・・

DSC00995.JPG

メインは子牛のソテー

DSC00998.JPG

デザートにはティラミス

DSC01000.JPG

やはりフランスの初夏のテラスで食べる食事は最高だと再確認。
お腹もいっぱいになった後は、ランスの中心にある大聖堂へ。

DSC01021.JPG

DSC01076.JPG

DSC01061.JPG

正面はあいにく改修工事中だったが、先ほども書いたとおりランスの大聖堂ではフランス国王の戴冠式が執り行われてきたこともあり、その記念碑も埋め込まれている。

DSC01033.JPG

そしてもう一つの見所は、シャガールのステンドグラス。
青を基調としたモザイク模様が実に個性的で美しい。

DSC01055.JPG

そしてパリに戻り、夜は一つ星レストランのLa Grande Cascadeへ。
パリ西側のブローニュの森の中にあるレストランで、その名の通りレストラン脇にはナポレオン三世が建造させた滝がある(Grande・・・大きな滝かどうかは別として)。

DSC01082.JPG

DSC01093.JPG

ここは2回目だが、本当に期待を裏切らない。
パリを離れるときにチームの皆が送別ディナーで用意してくれたシャンパンのJackson 733も久々に味わえて、満足。

DSC01099.JPG

DSC01101.JPG

DSC01103.JPG

DSC01108.JPG

久々のフランスを満喫しつつ、仕事のための4日目を迎える・・・続く。
free counters

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。