So-net無料ブログ作成

2015表彰旅行@FRANCE その2 [仕事]

フランスでの3日目は、ブルゴーニュ地方への日帰り旅行がメイン。

早朝にリヨン駅に向かい、そこからTGVでディジョン(Dijon)へ。

DSC01883.JPG

DSC01885.JPG

DSC01889.JPG

ヨーロッパの駅は旅情をかき立てられるが、残念ながら列車の外観は汚い。

DSC01900.JPG

DSC01902.JPG

二時間半ほどでディジョンに到着。

DSC01906.JPG

DSC01909.JPG

今回ディジョンの街は観光せずにすぐにバスに乗り込んでブルゴーニュのブドウ畑観光へ出発。

DSC01911.JPG

少し走ると、すぐにCôte-d'Or(黄金の丘)と呼ばれる一面のブドウ畑が広がる。

DSC01913.JPG

DSC01915.JPG

北から南下して、Clos Vougeot(クロ ヴージュ)のドメーヌで一時停止。

DSC01930.JPG

7月末なのでブドウの実はまだ前々熟してはいないものの、所々色づいた実も見られた。

DSC01936.JPG

そしてあの有名なロマネ・コンティの畑にも立ち寄る。
もちろん、見るだけ。

DSC01942.JPG

DSC01943.JPG

その後Nuits-saint-georges(ニュイ サン ジョルジュ)のDomaine de l'Arlotを訪問。

DSC01944.JPG

このドメーヌは通常団体見学を受け入れていないが、今回特別に頼み込んで見学と試飲をさせてもらった。

DSC01946.JPG

DSC01951.JPG

DSC01963.JPG

畑を見学した後は、お楽しみのデギュスタシオン。
今回試飲したのはモノポール所有の1級畑、Clos des Forets Saint Georges(クロ デ フォレ サン ジョルジュ)の2007年、2008年、2009年、2011年の垂直試飲。

DSC01970.JPG

同じ畑の年違いでここまで!というほど味わいが違った。
2007年は苔むしたような出汁っぽく、ビオっぽい味。
2008年は酸味が強い。
2009年は味のバランスが取れたまろやかな酸味とほどよい赤い果実の味。
2011年は透明感のある果実味。

結局全員で分け合う前提で2009年と2011年をそれぞれ箱買い。

DSC01982.JPG

昼食は、ボーヌの市街にある日本人が経営する創作和食のお店、媚竈(びそう)へ。
ここはフランス駐在時代に家族で訪れ、本格的な和食の味に感動したお店。
当時3歳くらいだったマグロ大好きのチビ太が、中トロとフォアグラのソテーをおかわりして、もの凄い金額になって焦った思い出のお店(笑)

DSC01987.JPG

DSC01990.JPG

DSC01992.JPG

DSC01994.JPG

DSC01995.JPG

パリに輸送するだけで質が落ちると言われるほど繊細なブルゴーニュワインを、現地で美味しい日本食と共に頂くのは、この上ない幸せだった。
最後のご飯はセップ茸の炊き込みご飯で、日本では食べられない和仏融合の味だった。

昼食後はボーヌ市街を散歩。

DSC02003.JPG

DSC02006.JPG

DSC02018.JPG

その後またTGVでパリに引き返し、夕食は今回の旅行で一番のレストラン、ブローニュの森にあるLa Grande Cascadeへ。
ミシュラン一つ星の素晴らしいレストランで、今回も実に美味しいコースだった。

DSC02034.JPG

DSC02036.JPG

DSC02044.JPG

DSC02048.JPG

DSC02051.JPG

夜10時を過ぎてもまだ明るいフランスの夏。

DSC02053.JPG

4日目へ続く。

2015表彰旅行@FRANCE その1 [仕事]

随分久々のBlog更新は、恒例の仕事でのフランス表彰旅行から。

今年も何とか昨年度のビジネス実績に基づき、少数精鋭ながらお客様をお連れしての一週間のフランスでの表彰旅行を開催できた。
これも一重に支えてくれた仲間とビジネスパートナーの皆さまのおかげ。
来年以降も続けられるように、自分自身のリーダーシップと貢献度合いを高めて行ければ。

今年の旅程は7/26~8/1の一週間。
羽田で朝8:30に集合した後は、JAL便のビジネスで一路パリへ。
仕事でフランスに行くときは常にエールフランスだが、JALのビジネスとの差はあまりに大きい。
快適な座席と大きなスクリーンでリラックスしてあっという間にパリへ。

今回滞在したのは、オペラ近郊のParis Marriott Opera Ambassador Hotel。

DSC01618.JPG

ホテルの近くの路地からはモンサンミッシェルの丘とサクレ・クール寺院が望める。

DSC01632.JPG

前回宿泊したInterContinental Paris le Grandは由緒正しい素晴らしいホテルだったが、朝食のクオリティとシャワーの水圧がいまいちで(これ、日本人にはかなり重要では?)、今回はホテルを変更。
結果、朝食はあまりLe Grandとの違いは感じられなかったが、シャワーは少しましな水圧だった。
以前滞在して最高に満足したのは6区のボンマルシェ近くにあるConcorde Lutetiaだったが、残念ながらまだ改装中。
あの朝食をもう一度経験したいので、早く再オープンして欲しい。

7/26(日)の夕方に到着した後向かったのは、もはや定番と化したChez LEONでのムール貝の晩餐。

DSC01622.JPG

到着初日に貝を食べるというのは若干リスキーだが、これから始まるフレンチづくしの一週間の前哨戦としては、これくらいの軽さが有難い。

翌27日は、これまたお約束のパリ市内観光。

凱旋門に・・・

DSC01650.JPG

エッフェル塔・・・

DSC01756.JPG

そして、ルーブル美術館に。

DSC01730.JPG

DSC01679.JPG

DSC01718.JPG

昼食はルーブル近くのレストランで、カエルの足とチキンソテー、クリームブリュレを堪能。

DSC01731.JPG

DSC01733.JPG

DSC01734.JPG

午後はモンマルトルの丘に登ってテアトル広場へ。

DSC01741.JPG

DSC01744.JPG

そして夜はスペシャルイベント。
アラン・デュカス料理学校で自分たちでフランス料理のコースを調理して食べるという体験型企画。

DSC01759.JPG

年配の代理店の皆さまからは、ともすれば「男が厨房に立つとは何事か!」とお叱りを受けるリスクを感じつつの企画だったが、結果これがオオウケ。

美味しいシャンパンを頂いた後に

DSC01765.JPG

自分達で仔羊をソテーし、

DSC01776.JPG

(なんと、先生からの指示はフライパンでカラメリゼした後はオーブンで"65度(!!)"で45分という低温調理。

DSC01782.JPG

小ナスの付け合わせも全員で作って・・・

DSC01808.JPG

アスパラの前菜も素晴らしい完成度で仕上げて・・・

DSC01858.JPG

メインディッシュも最後に大成功!!

DSC01878.JPG

初日と2日目から大成功で、旅の成功を確信できる素晴らしいスタートに。

3日目以降へ続く。
free counters

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。