So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年夏休み家族旅行@四国 その2 [旅行]

前回からの続き。

8/13(木)は、入院している四国じいじをお見舞いに行った後、四国帰省の恒例となっている一の宮海岸へ。

DSC_0456.JPG

ここでいつもどうしても捕まえないと気が済まないのが、キンセンガ二。

DSC_0238.jpg

潮が引いた水たまりの残る砂浜で、よく見ると小さなわき水が湧くような水と砂の動きが見えたら、その下に潜っていることが多い。
一気に手のひらで砂ごとすくってみると、はさみ以外の全ての足がヒレになっていてそれをパタパタさせながらもがくキンセンガニが取れる。
形は丸くころんとしていて、砂浜で取れる生き物にしては大きめのサイズで、捕獲したときの満足感は高い(笑)
なお、ネットで見ると食べる地域もあるとのことで、持ち帰って味噌汁にしてみようと茹でてみたが、泥臭いのととにかく固いのとでとても食べられなかった。

翌日は親戚一同が集まってレオマワールドへ。

その前にこれまた香川に来たら食べずにはいられない、上戸うどんで朝ぶっかけ。
やっぱりここのうどんの麺と出汁のマッチングが一番好きだ。

DSC_0240.jpg

はじめて知ったが、レオマって創業社長が「レジャーは、オオニシに、マカセろ」という自分の名前を込めて名付けた名前らしい。
凄い自己主張。しかも一回閉園しているので、任せ切れてもいないし。
しかし、正直ショボいアトラクションと流れるプールだけで一人5,000円近く取るのは、高すぎる。
しかも僕は結局中で電話会議をしていたので、ほぼ楽しめなかった。もう行かないな。

8/15(土)は、再び家族旅行で今度は高知へ。

DSC_0471.JPG

まずは桂浜。

DSC_0473.JPG

太平洋の雄大さは瀬戸内海とは全く雰囲気が違う。

DSC_0243 (1).jpg

昼は市内のひろめ市場で、どろめ&のれそれの稚魚コンボに、わら焼きの鰹のたたきを堪能。

DSC_0245.JPG

DSC_0246.JPG

その後は松山城に続き、天守閣が現存する高知城へ。

DSC_0253.JPG

武市半平太や後藤象二郎もここに登城していたのかと思うと、150~160年経った今の世の中の平和さと当時の緊迫感のある世情のあまりのギャップに、どこまで思いを馳せても想像力が追いつかないと同時に、幸せな時代に生きられているということを改めてただただ感謝したい気持ちになる。

そしてその後はもう一度桂浜に戻って、坂本龍馬記念館へ。
ここではチビ太もチビ子も龍馬や勝海舟の物語を1時間半くらい真剣に読んでいた。

DSC_0260.JPG

2015年の夏休み旅行もいよいよ終わりに近づいてきた。

その3へ続く。

2015年夏休み家族旅行@四国 その1 [旅行]

もう2ヶ月も経ってしまったけど、2015年の家族旅行の足跡を。

今年は8/10~18と長めの休みを無理矢理取って、母親の住む四国は香川県観音寺市へ。

DSC_0387.JPG

到着早々電話会議に参加しなければならなかったので、取りあえず高松空港脇のさぬきこどもの国へ向かい、そこから少し仕事を。
電話会議後はさっそくうどんを食べに、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀にも取り上げられた、本格手打ちもり家へ。

DSC_0221 (1).jpg

名物のかき揚げはボリュームもあって美味しかったが、麺はもう少しエッジが効いた歯ごたえのあるのが好きかな。

8/11(火)は、昨年行って景観の美しさに感動した、しまなみ海道へ。
愛媛県今治市から広島県尾道市をつなぐ、全長約70㎞のしまなみ海道は、車で走るだけでも素晴らしい景色を堪能できるし、途中の島々に降りればビーチ巡りも出来る。

DSC_0223 (1).jpg

DSC_0396.JPG

尾道では、おしゃれなカフェで少し休憩。

DSC_0408.JPG

この日は当初尾道の先の福山市にホテルを取って一泊しようとしていたのだが、尾道が想像していた以上にこぢんまりとしてあまり見るところが少ない街だったので、行き先を急遽松山に変更して、そこで一泊することに。

8/12(水)は小雨の降る中、松山城見学。

DSC_0427.JPG

DSC_0226 (1).jpg

今回の旅行では松山城と高知城という、天守閣が現存する12城のうちの2つを訪問したが、チビ達が思いの外城巡りに興味津々で、結構楽しめた。
特にチビ子は城攻めにあった際に城壁から弓矢や石を落とす狭間(さま)が気に入ったらしく、窓を見つけるたびにのぞき込んでいた。

高松城を見学した後は、食べログで検索した、たこめし三原へ。
しないから外れた場所に不思議な建物の形状をしたこのお店は、本当にたこ飯とたこのサイドメニューが少しあるだけど、シンプルなメニュー。

DSC_0232 (1).jpg

DSC_0233 (1).jpg

三原のたこを使ったたこ飯は絶品で、あまりのおいしさにチビ子が「持って帰りたい」と泣き出す始末。
結局メニューを調べてその日の夜は家でもたこ飯を作ったが、これまた美味しかった。

帰りには当然道後温泉に寄って日帰り温泉を満喫。

DSC_0234.jpg

DSC_0440.JPG

ただ、ここまで観光地化していると、ゆっくりくつろいで入ることもできず、疲れを取るのは無理かな。

つづく。

free counters

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。