So-net無料ブログ作成
検索選択

職人技 [靴]

ここ数ヶ月、家から近い浅草にある革靴のリペアショップであるギルドアームズに連続で5足ほどリペアをお願いした。
何度もブログに書いているとおり、僕は完全に靴フェチ?マニア?なのだが、革靴のいいところはしっかり毎日手入れをして、ある程度のスパンで適切にリペアをしながら履けばものによっては一生履き続けられるところだろう。
しかも数ヶ月~数年かけてはじめはキツかった靴が中底が馴染んで足にジャストフィットしてしまえば、その最高の履き心地を一生感じられるのだ。
革製品って素晴らしい。

今回色々お願いして、同点のクオリティの高さ、そして接客のすばらしさに感動した。
クオリティという意味では一番感動したのは、オールソールを依頼したJM.Westonのローファー仕上がり
修理前はフランスでの主にバカンスシーズンでの酷使によりソールの裏面には穴が開き始めていたのだが、それがなんとこの通り。

DSC05783.JPG

DSC05784.JPG

DSC05786.JPG

底付けの綺麗さは言うに及ばず、コバの処理も素晴らしい。
丁寧にロウでコーティングした後に目の細かいサンドペーパーで磨かれており、新品以上にピカピカになって戻ってきた。
修理ノウハウを聞くと色々親切に教えてくれるのが興味深い。
このギルドはHall&Marksのブランド名でトレーディングポストなどでもセミオーダーの靴を販売しており、代表である山口千尋氏は靴好きならしならない人はいない日本屈指の靴職人であり、その仕事ぶりはNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」でも特集されたほど。
そんなお店が家の近くにあって気軽に大事な靴のリペアをお願いできるのは靴好きにとってはたまらない。

愛用の靴のリペアの話をした後は、愛用のVAIOのリペアの話を(って結局またPCネタ)・・・つづく。

JM.Weston [靴]

ついに始まった、恐らくフランス滞在期間中最後になるであろうSoldes(ソルド)。

DSC02738.JPG

正直半年前の冬のSoldesで既に欲しかったCrockett&Jonesを2足購入していたので直前までなんの興味もなかったのだが、初日の午後に妻から携帯に電話があり、ずっと欲しかった靴がBon MarchéでSoldesに掛かっており、40%引きになっていたので買っても良いかとのこと。
いつも家庭をしっかり守ってくれている妻を大切にする素敵な夫(笑)としては、もちろん即OK。
それを喜んでくれた妻からは「帰りにあなたもちょっとどっか寄ってきたら?」との甘い言葉Againが。

仕事がかなり忙しかったにもかかわらず残りを家でやることにして7時前に会社を出て、前回と同じくマドレーヌ近くのCrockett&Jonesへ。
しかしながら残念なことに今回はサイズが合う靴自体が少なく、興味が引かれるものも少ない。
そこでオペラ近くのJM.Westonまで足を伸ばすが、セールをやっている気配無し。
そこでフラッグシップ店のシャンゼリゼ店なら掘り出し物があるだろうと、メトロに乗ってシャンゼリゼ通り沿いにある会社のすぐ側まで戻ることに。
この時点で積み残した仕事となんかただ無駄に過ごした1時間強へのいらだちで既に感覚がおかしかったのかもしれない・・・。

JM.Westonシャンゼリゼ店に行って店員に聞いてみると、基本的にセールは行わないとのこと。
確か2年前はソルドの時期に定番のゴルフが安くなっていたのを見た気がするのだが・・・まあ、無いものは仕方ない。
折角なので店内を見ていると、何となく試し履きしてみたくなり、店員にお願いして試し履きしながらあれやこれや話しているうちに、気付けば2足お買い上げ・・・。

定番のローファー(緑)

DSC02745.JPG

茶色のストレートチップ

DSC02753.JPG

まさかのウエストン大人買い・・・明らかにやり過ぎ。
ここは試着をする際には飲み物を持って来てくれるのだが、そういえば3年前に初めてパリへの異動が持ち上がったときに慣れない海外でやっとの事でお店を見つけてドキドキしながら飲むものも飲まずローファーを買ってからというもの、既にフランスに住んで約3年が経ち今回は談笑しながらあれやこれやと試し履きさせてもらった。
日本の正規代理店で買うと恐ろしい金額なのだが、フランス本国だと正直半額かそれ以下なので、散財したとは言え人生的には良い買い物をした・・・と、せめて思おう(笑)

でも、ここの靴は本当に履き心地が良い。
既に茶色のローファーを3年ほど履いているが、購入当初はきつかったのが今や信じられないほど快適に足にジャストフィットしており、週末などはローファーで外を一歩一歩歩きたいがために外出したりするほど。

DSC02694.JPG

数あるシューズメーカーの中でも底材を作る自社タナリーを持っているメーカーはウエストンくらいで、確かにアッパー、ライニング、インナー、ソールの全てが上質なのが素人目にもよく分かる。
キッチリ手入れをして一生履き続けたい靴だ。

そんな快適な靴なので、今週末もローファーを履いて最後のフランスの夏を堪能すべく家族で家から凱旋門まで散歩。

DSC02734.JPG

DSC02736.JPG

先週あたりから急に天気も良くなってきてかといって湿度が低いので日陰は適度に涼しく、街を歩くだけで本当に気持ちが良い。

家に帰った後は、来週からバカンスまで仕事でラストスパートをかけるためにまずは靴磨き。

DSC02740.JPG

DSC02741.JPG

料理もそうだけど、靴を磨いている時間は何も考えず無心になれるのがいい。
それに革製品をしっかりと手入れして長い間使っていくという道具愛のようなものも、ほの甘く香るビーワックスの匂いと相まって、何ともたまらない。
さらには磨き終わって鏡面仕上げを施したつま先部分も、また月曜日から一週間モチベーション高く働くぞ!という気分にさせてくれるので好きだ。

DSC02764.JPG

最近はパパが靴磨きをしていると、ちび太も興味を持って一緒に横で磨くようになった。
こんな風に親子の時間まで提供してくれるんだから、靴への投資は全くもって無駄では・・・ない?

DSC02761.JPG

Whitehall & Welbeck [靴]

今回は靴好きにしか分からない内容ですので、興味がない方は読み飛ばして下さいませ。

今日もパリは朝から寒かった。
実はパリでは今日から街中でSoldes(ソルド)=セールが始まったのだが、数日前に妻から思いがけない一言が。
「たまには会社帰りにソルドのお店でも覗いてきたら?」

で、有り難くお言葉に甘えて行ってみました、マドレーヌ寺院側のCrockett&Jonesのお店。
先日のエントリーでスーツと靴について書いて以来、靴好き熱が再燃してしまっていたのでこれ幸いと行ってしまったのだ。
・・・で、買っちゃいました、しかも2足。

どちらもハンドグレードラインで、1足がシンプル&フォーマルな黒のストレートチップ、モデル名Whitehall。

DSC07674.JPG

もう1足がつま先のメダリオンが印象的な茶色のセミグローブ、モデル名Welbeck。

DSC07675.JPG

特にWhitehallの方は数年前からいつか欲しいと思っていたモデルで、過去のエントリーを見てみたらちょうど3年前に「今年欲しいもの」としてリストアップしていた。
上にリンクしている記事には直接モデル名は書いていないのだが、LLOYD FOOTWEARのマスターロイドをOEM提供をしているCrockett&Jonesのモデルの中で一番欲しかったのがこのWhitehallなのだ。
もちろん本家のそれには靴の内側に手書きで(これもハンドグレードラインの特徴)モデル名が記載されている。

DSC07676.JPG

ちなみに、この時期にセールにかかっている靴の大半はいわゆるサブスタンダードとしてファクトリーのチェックではじかれたもの。
その証拠に、ソールにはSUBSと焼き印が押してある。

DSC07678.JPG

ちなみに写真でヒールの内側の角が落としてあるのは、スーツの裾をひっかけないようにとの配慮。
この辺もハンドグレードならではの芸の細かさ。

サブスタンダードといえども、一見どこに問題があるのかは分からないほどの品質のものばかりなので、使用には何の問題もない。
しかもソルドと相まって値段は日本で買った場合の半額程度。
恐らく今回のはWhitehallがソールの傷と、Welbeckはつま先のコバの処理が少しだけ乱れているのが原因ではないかと。
これがマッケイ製法の靴だとしたらコバの傷はちょっと気にするが、ソールの張り替えが出来るグッドイヤーウェルト製法なので全く問題なし。

グッドイヤーの靴は履けば履くほど足に馴染むし、当然革製品なので手入れをしっかりしていけばどんどん味が出てくる。
靴が好きになってしっかりした作りのものを買うようになって痛感したのだが、見た目や履き心地だけではなく長期的に見たコストパフォーマンスを考えても安物を数足買うのであればちゃんとしたものを1足買った方が良いと思う。
もちろんしっかり手入れをするのが前提だけど。

手入れさえしていれば、買ってから既に6年以上履いているこのAllen Edomondsのストレートチップ、モデル名Park Avenueも全くヘタれる気配は無い。

DSC07679.JPG

こうやってみると、同じストレートチップでもPark Avenueはアメリカ靴特有のキャップトゥの小ささのため、Whitehallと大きく印象が違うのがよく分かる。
合わせてみると、同じダークネイビーのスーツでもアメリカ靴は赤系のネクタイ、イギリス靴は青系のネクタイが自然に合うように思う。

明日の仕事を考えながら気分転換に&テンションをあげるためにそんな組み合わせを考える楽しみが増えたのがうれしい。

SOLDES!! [靴]

パリ着から1ヵ月以上経過して生活も落ち着いて仕事にも少しずつ慣れてきたのだが、それと同時にだんだんと疲労が蓄積してきた。
むしろ僕より、異国の地で子育てに追われている妻の方がやばい。
いくらフランス語ができるとはいえ、慣れない地で2歳児と5ヵ月の子供を育てるのは大変だろう。

で、何か気分転換にと思ったわけだが、パリは今Soldes(ソルド)の真っただ中!
ショッピングしかないでしょう、これは。

日本にも年始早々バーゲンの時期があるが、パリのSoldesは日本のバーゲンとはちょっと違う。
というのも、このバーゲン時期は政府が管理しており、1月9日よりパリ中のお店で一斉にSoldesがスタートするのだ。

この店も、

この店も、

家の近くのPassy Plazaも、

みんなSoldesだ。

聞くところによると、1月9日からはパリ、〇日からはローマと言うように決まっているらしい。
ブランドも一般のお店もほとんど全てがSoldesになるので、最近ではこれ目当てに来る観光客も多いらしい。
ちなみに、聞いたところではヴィトンはSoldesに参加しない例外的な企業だそうだ。
他にも、ほとんどのお店が閉まる日曜日にも営業をしていることで訴訟にもなってるらしい。
結構前衛的な企業なのかもしれない。ま、行かないけど。

結局購入したのは、Eric Bompardのカシミヤのジップアップセーター。

温かいし、ビジネスカジュアルとしても使えるので気に入った。
ちなみにお値段は普段が499ユーロのところ、確か250ユーロ。
半額やん。

で、次はいよいよ(?)お目当ての靴探索なのだが、Opera周辺からセーヌ川を渡ってRaspail方面へ歩いていると、金融機関に勤める者としては興味深い建物をいくつか見つけた。

まずは、Banque de France。
日本の日銀本店よりも厳かな感じだ。

次に、Bourse de commerce(商品取引所)。

最初は証券取引所かと思ったが、不明。
でも、日本でいえば兜町近辺なのだろう。

あと、金融とは関係ないけれど、Musée d'Orsay(オルセー美術館)。

残念ながら着いた時には既に午後遅くだったので、美術館散策はまた次の機会に。

で、Boulevard Raspailに到着。
まずはAubercy発見。

日本でもそれほど出回っていないが、知る人ぞ知る靴ブランドだ。
ただ、あまりに高級すぎてSoldesになったわずかなモデルでも1足やく800ユーロ・・・。
た、高すぎる・・・。

気を取り直して、先に進むと、お目当てのCrockett & Jonesが。

これはパリに2店舗あるうちの新しい方のお店なのだが、イギリスブランドにもかかわらずこのパリ店が創り出した337というラストは全世界でベストセラーとなっている。
ただ、widthがEの展開が中心となり、僕が欲しいD widthが少ないのが難点。
日本のセレクトショップだとD中心なので、逆輸入してもらえないかなぁ。

店内はそこそこSoldes商品が残っており、いくつかためし履きをした結果、結局6Eのこちらを購入。

通常価格530ユーロのところが360ユーロだったので、まずまずだ。
ちなみにシューツリーは確か50ユーロだったかな。

妻もお気に入りのお店でブーツを購入できて、散歩にもなったし、十二分に気分転換ができた。
明日からはまた節制生活してがんばりますかな・・・。

で、夜は子供を寝かせた後2時間弱かけて靴の手入れ。

なんかフランスだと湿気が少ないからか、日本の時よりも革の輝きが美しい気がする。
さて、来週はどんなローテーションで行こうかな。


Tricker's [靴]

今週末は金曜日に休暇を取ってからずっと妻の実家に寝泊まりしていた。
いつ生まれるかいつ生まれるかと、ちょっとドキドキしていたが、結局まだ生まれていないない。
早く会いたいなあ。

で、折角の機会なので、読みたい本もあったがこの週末は完全に1歳11か月の息子のために使うことに。
二人でいろんな所へ毎日お出かけ。

浅草から大好きな水上バスで日の出桟橋まで行ったり、

イルカショーを見に、エプソン品川アクアスタジアム(http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/aquastadium/)へ行ったり、

久々にどっぷり息子と二人で過ごして、随分とお兄ちゃんになったのにうれしくもありちょっと寂しくもあるパパだった。
でも、この数カ月で単語から文章単位でのコミュニケーションが取れるようになり、一緒にいるのが本当に楽しくなってきた。

さて、現実世界でもBlogでも子供ネタばっかりというのも親バカに思われてしまうので(もう充分?)、ちょっと別の話題を。

以前から靴フェチであることはこのBlogでも書いてきた通りだが、改めてお気に入りの一足について書いてみたい。
それはTricker'sのカントリーブーツ
モデル名はStowと呼ばれている、Tricker'sを代表するモデルだ。
ただ、日本ではTricker'sというとこのカントリーブーツのイメージが強いが、実は本国イギリスでは通常のドレスシューズがメインのメーカーだったりする。

この靴は靴好きになったころからずっと欲しかった靴であり、そんな思いが叶って購入したのが2003年7月12日。
今からちょうど4年前だ。
ちなみにこれは今デジカメの記録を見て判明した日付。
こういう場面でも、デジタルのありがたさを感じるな。

で、決して安くないお気に入りの1足を購入したからには、それからの4年間常に手入れを怠らずに大事に履いてきたおかげで(といってもカントリーブーツなので雨でも山でも場所は選ばずに履いてきたが)、こんな立派な経年変化を遂げている。

2003年7月購入当初

現在

写真ではアングルも光源も違うのでいまいち分かり辛いが、実物を見ると履きこまれた雰囲気が十分に伝わっていい感じになっている。
ただ、それがこの靴の良さでもあるわけだが、頑丈さが半端ないだけに足に馴染むのにも相当時間がかかった。
4年経った今やっと、馴染んだかな~と思える履き心地になってきたくらいだ。
ただ、やっぱりしっかりと作られた伝統的な革製品というのは、そんな購入してからの経年変化を楽しめるのがいい。
むしろ、購入した時はまだ製品としては未完成であって、手入れをしっかりしながら使い込んで履きこんで、初めて製品としての完成形を得る様な気がする。
もちろん、革製品は使えば使うほど持ち主に合わせて馴染むので、完成したころにはOnly Oneの存在になっているわけだ。

最新のデジタル機器も所有欲をそそられるが、こういう伝統的な一品もそれに勝るとも劣らないものがある。

ちなみに、この手入れ=靴磨き、これが結構楽しくて気分転換になる。
もうずいぶん靴の数も増えてきたのでやりだすと1時間~1時間半コースになるが、磨いている間は他のことを一切考えないし、やり終えた後の充実感も心地いい。
今日も何足か手入れして、明日から始まる新たな週に向けてのいいリフレッシュができた。

この手入れを終えた靴箱を見ると、仕事への活力も出てくるんだよな~。

さ、来週も娘が生まれるまでの間はがんばるぞ!(生まれたら仕事どころではなくなってしまう自信あり)


靴磨き [靴]

長かった年末年始の10連休もそろそろ終わりに近づいてきた。
この休み中は、普段土日しか遊んであげられない1歳5ヶ月の息子とタップリ一緒に過ごすことができ、本当に楽しかった。
おかげで休み中に読もうと思っていた専門書は手付かずになってしまっているが、やっぱり子供はかわいいわ。

とはいえ、そろそろ年明け一発目の出勤の準備をせねばなるまい。
となるとまずやることは、靴磨き。
冬場は底冷えする玄関で頻繁に靴を磨くわけにもいかないため、本格的な手入れはちょっと間が開いてしまった。
そこで今日はリビングに新聞紙をひいて、暖房のもとでしっかりメンテをすることに。
今日はメインで履いている9足ほどを手入れした。

まずはしっかりとステインリムーバーで汚れを落としたら、ゆっくりをワックスを塗りこんでいく。
この単純作業だが、磨いているうちにどんどん無意識になって磨く行為そのものに集中していく。
これが中々いい気分転換になる。

結局すべて磨き終わるのにタップリ1時間半も掛かってしまい、気づくと汗びっしょりになっていた。
でも、磨き終えた靴はピカッと上質な革製品ならではの光沢を放っており、中々気分の良い眺めだ。
ビーワックスの少し甘ったるい匂いも、一仕事終えた感をかもし出してくれる。

先日サドルソープで洗ったTricker'sのカントリーブーツにはソールトニックでソールも手入れしておいた。

これで、9日からの仕事も気分良く迎えられることだろう。
初日にどれを履いていくか、少ない休みの間にゆっくり決めようかな。


靴磨き [靴]

靴磨きは気分転換にいい。
徐々にピカピカになっていく靴を眺めながら、来週の仕事の予定を考える。
月曜日は大事なプレゼンがあるからこの靴にあのスーツ、水曜日はカジュアルで行きたいからこの靴で・・・なんて考えながら靴を磨く時間が好きだ。

とはいっても、正しい靴の磨き方がわかってきたのはごく最近のこと。
それ以前は折角一大決心して買った靴も、毎日履いてほとんど磨かず、たまに磨くときは液体のベトベトした靴墨を塗りたくって終わり、と言った感じだった。
当然靴も長持ちせず、履きジワの部分から裂けたり、つま先がひび割れたりしてしまっていた。

最近のやり方は、まずステインリムーバーで靴の汚れを落とし、そのあとクリーム(コルドネリ・アングレーゼのビーワックスがお気に入り)を古いコットンTシャツで塗りこんでいく。その後、丁寧にブラッシングして一丁あがり!
ソールの汚れがひどいときなどは、さらにソールトニックを塗り込んだりもする。

※こちらがコルドネリ・アングレーゼのビーワックス

こういった隔週に1回程度の定期的なメンテナンスも必要だが、何よりも大事なのは毎日の手入れだと思う。といってもたいしたことをするわけではない。
朝靴を履く前と帰ってきた時に必ずブラッシングをして、シューツリーを入れておくと言うことだけだ。
このシューツリーが一番大事!シューツリーを使っているかどうかで靴の寿命は大幅に変わる。
値段も素材もいろいろあるが、別にABCマートで2,000円強で売っているレッドシダーのもので十分だ。

メンテナンスはトレーディングポストの専用ページがいろいろ参考になると思う。
http://www.lifegear-tradingpost.com/service/service_mente2.htm

磨き終えてピカピカに。

こうやって磨き終えた靴を見ると、さあ来週もがんばるぞ!という気にさせてくれる。


本格革靴 [靴]

さて、2日目。

昨日」「3~4カ月おきに興味のあることの波が来る」と書いたけど、じゃあ他に何があるかというと、靴。
靴といってもスニーカーではなく、革靴
もっと専門的(マニアック?)にいうと、グッドイヤーウェルト製法で作られた革靴が好きなんです。
メーカーで言うと、Crockett&Jonesイギリス)、Allen Edmonds(アメリカ)、Tricker's(イギリス)、Albaradejo(スペイン)あたり。

革製品って、使えば使うほど味が出て、しかもきっちりメンテナンスしてあげれば十年、二十年と使えるのがいい。確かにグッドイヤーの靴となると少なくとも3万5千円以上はしてしまうけど、それ以上の価値があると思う。大学時代は服にも靴にも何の興味もなかったけど、社会人になって初めていい靴を買って、カルチャーショックを受けたのを今でも覚えてる。

子供のころから靴といえば「ちょっと大きめ=はきやすい」と刷り込まれてきたけど、ほんとに履き心地のいい靴というのは、ジャストサイズかキツめだと断言できます!
しかもグッドイヤーの靴はソールいコルクが入っているから、勝手からはいていくとインソールが足型に沈んでいく。だから、買うときはかなりキツめを選びます。
あと、サイズ以外に重要なのは、幅(width)。メーカーによっても違うけど、D widthを選ぶようにしています(日本の靴屋で売っている靴はEEEなんてのも普通にあるけど)。

社会人として、重視するべきスーツスタイルとしては、靴>シャツ>ネクタイ>スーツだと思う。
もちろん、いい靴だけじゃなくてちゃんと手入れされているのが大前提なのは言うまでもなく。

と書いてふと思ったら、最近靴買ってないなあ・・・


free counters

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。